【女性にオススメ】車の洗車には何を使えばイイ!?あったら便利な洗車グッズ

car wash painting



洗車グッズって本当に多種多様で、日々メーカーさんも研究されて便利なものが沢山あります。

でも正直、種類が沢山ありすぎてどれを選んだら良いかわからない。。

そう思っていませんか?

私もそう思っていたうちの一人です。

そして私は現在の愛車を購入するまで洗車とは無縁でした。

なぜかというと、

時間もかかるし、汚れるし面倒くさい!

そう思っていたから。。

ほぼ夫任せ。。夫よ、ごめんなさい!

ただ、愛車を購入してからは手洗い洗車をすることが趣味に変わりました。

洗車は使うグッズで今まで面倒だった洗車が楽に、そして楽しくもなります。

オススメ洗車グッズ

色々な洗車グッズを使ってきた私が、実際使って便利&優れモノだったグッズを紹介していきたいと思います。

高圧洗浄機


自宅で洗車する方も多いと思います。

そこでオススメなのが高圧洗浄機です。
定番ですが、もうこれなしじゃ自宅での洗車は成り立ちません!

コイン洗車場を使ったことがある方はわかると思いますが、コイン洗車場にある高圧洗浄機はとにかく水圧が強すぎるんです。その為に扱うのも一苦労です。。

水圧を調整出来る所もありますが、水圧を調整できない所がほとんどだと思います。

水圧が調整出来ないとボディに対して強い水圧がかかるため車のコーティングにも負荷がかかります。

逆に水圧がかからないように洗おうとするとミスト状になり、しっかり汚れが落としきれない事も。。

その点、家庭用の高圧洗浄機だと水圧も調整出来ますし、ジェットやシャワーなど水の出方自体も選べます。

また普段使っているカーシャンプーを使って泡状にしてくれるオプションアクセサリーが本当に優秀です。きめ細かな泡を直接車に塗布することができるのでボディにも負担がかかりません。

コンパクトタイプも出ているので場所も取らず便利です。

折りたたみバケツ

folding bucket


洗車にバケツは必要不可欠ですよね。

そこでオススメしたいのが折りたためるバケツです。

布製のものもありますが、私がオススメしたいのは樹脂製のバケツです。

普通のバケツって使わないときの収納って困りませんか?かさばって、デッドスペースが生まれる原因にもなります。

普通のバケツに対して、この折りたたみバケツは折りたたんだ状態では、高さがなんと5cmほど。かなりコンパクトですよね。
また、フックに掛けられるようになっているものもあるのでスッキリ収納出来ます。

small folding bucket



価格も容量によって様々ですが10リットルで1000円前後ほどなのでお手頃ですよね。

洗車以外にもキャンプや自宅の掃除、洗濯物のつけ置きする際などにも使えるので、一つ持っているととても便利ですよ。

マイクロファイバー洗車スポンジ【ボディ】

Microfiber-sponge-on-the-desk

スポンジって本当に種類も価格も様々ですよね。

私ももう何種類使ったか数え切れません。。その中でコスパ最高だったのが

プロスタッフのポリマーメンテナンスファイバースポンジです。

洗剤の泡立ちもよく、ボディを強くこすらずにマイクロファイバーが汚れを絡めとってくれます。写真でもわかるように、毛足が長いので細かい部分にもグングン入っていっていきます。

価格も500円ほどで手に取りやすいと思います。

スティック型スポンジ【ホイール】

私の愛車を含め、輸入車ってホイールにブレーキダストがかなり付きやすいんです。

ちょっと放置すると、『うちのホイールってブロンズカラーだっけ?』っていうくらい茶色く汚れてしまいます。

そこでオススメなのが、スティックタイプのスポンジです。
スティック状なので手も汚れにくいですし、何といっても奥までしっかり洗えるんです。
スティックタイプのスポンジでオススメなのがこちら

  • ワコー ふわふわホイールスポンジ

  • カーメイト ホイール専用スポンジ パープルマジックプライム

この2つを使っています。

ふわふわホイールスポンジはムートンっぽい感じで主にスポークを洗うのに便利です。

wheel-sponge


ふわふわなのでやさしい洗い心地ですし、ある程度の抵抗もあるので、細いスポークでもムギュっとすき間に入ってしっかり汚れを取る事が出来るんです。




もう一つのパープルマジックプライムはいくつか種類があるんですが、私のお気に入りは柄が長いタイプで、見た目はハンマーのようなタイプのスポンジです。

特にホイールの内側を洗うのにピッタリです。ホイールの内側の奥って幅が広いものだと洗うの本当に大変じゃないですか?

色々試した中で、このハンマーのような形のスポンジが一番使いやすかったです。

wheel-sponge2



今まで届かなかった奥の部分までしっかり洗えますし、厚みもないので洗いづらいキャリパーのすき間にもグングン入っていき洗いやすいです。

carzoc(カーゾック) マイクロファイバータオル

洗車後の拭き上げって結構な労力がかかりますよね。

“ マイクロファイバータオルだったらどれも同じでしょ。 ”

そう思っていました。。

しかし洗車をしていくなかで、タオルの繊維がボディに付いてしまったり、すぐにほつれてしまったり、サイズが小さすぎたり。。タオル一つとっても悩みが尽きないのです。
そこでオススメなのが

CARZOC【カーゾック】のマイクロファイバータオル 超吸水です。

 Microfiber-towel



肌触りもとっても柔らかくて、超極細繊維なのでボディに繊維も付きにくいです。超吸水というのも大事なポイントですね!

サイズも55×40で大きすぎず、小さすぎないちょうどいいサイズなんですよね。
厚みも0.5cmなので拭き上げ中にタオルを絞る際にも私のような女性の方でも問題なく絞れます。
厚みがありすぎると、この絞る作業が苦痛で苦痛で。。。すぐ真っ赤になってしまうんですよね。。

耐久性に関しても、タオルによっては2、3回使っただけでタオルのパイピング部分や生地自体も傷んでしまって使い物にならないものも多いです。
ですが、CARZOCのタオルは、かれこれもう1年ほど使用していますが、多少のほつれ等はありますが、特に問題なく使用できています。



使用年数も考えて、そろそろ買い替えをしようとは思いますが、まだまだタオル自体は問題ないので古くなったものはすぐ捨てるのではなく、下回りやホイールの拭き上げ用などの二軍にしようかなと思っています。

ゴム手袋

Rubber-gloves-case


洗車していると、いつの間についたのか分からないような汚れが手に結構付いていたりします。

指輪やネイルなどしていると汚れが付くのだけは避けたいところですよね。
また、水を扱うので特に冬場や乾燥の季節などは手荒れも気になりますし、なんせ冷たいですよね。

そこでオススメなのがゴム手袋です。
私は主に100枚入りの使い捨てのゴム手袋を使っています。

以前はポリエチレン素材の手袋を使っていましたが滑って脱げてしまったり、袖口が開いているものだと水や泡が入ってきてしまい洗車に集中できないくらいイライラしてました。←おい!

それから使い捨てのゴム手袋に変えたところピタッと密着するので滑って脱げることもなく、汚れても捨ててしまえるのでストレスフリーになりました。

ただ今使っているのが全長が24.5cmのものなんですが、個人的にもうちょっと長い方がよりストレスフリーで洗車できると思うので次回購入する際にはもう少し長めの、全長が40cmくらいのものを買おうかなぁと思っています。

先日、たまたま入荷していたので運よく買えましたが、現在は新型コロナウィルスの影響もあり、ドラッグストアなどでもゴム手袋などは入手困難になっていますね。。

おわりに


いかがだったでしょうか。

私個人としては洗車って無心で熱中できる良いストレス発散法なんです。

洗車後のピカピカになった車を見ると何とも言えない爽快感と達成感に包まれます。

今回紹介したグッズで私の洗車タイムは今までより楽に、そしてより楽しい時間になりました。

この記事で紹介した洗車グッズに少しでも興味を持って、これなら使ってみたい!と思っていただければとても嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました