追加料金0円!ブルーライトカット眼鏡を買うならZoffがオススメ

zoff-blue-light-glassesブログ

先日ブルーライトカットめがねを購入しました!

やっとです。。

普段から調べものや、ブログを書くのに長時間PCの前にいること多いんですが、最近本当に目が疲れるんですよ。
まぶたがピクピクと痙攣したり、目の奥からズーンと疲れる感じ。

使っているPCには購入時から保護フィルムが貼っていたり、画面の明るさを暗めに設定してはいますが、それでも長時間PCの前にいると疲れてしまいます。

そこで別記事でも書きましたが、以前から気になっていたブルーライトカットめがねを購入してみることにしました。

その記事がコチラ


そして、今回購入したのがZoffのブルーライトカットめがね。

結論から言うと、コスパも含め購入して本当に良かった~!
今までよりも目の疲れが軽減されて、PCめがねが手放せなくなりました。

今回の記事では私が購入したZoffのブルーライトカットめがねを選んだ理由、使い心地や効果についてレビューしていきたいと思います。

購入したのはZoffのブルーライトカットめがね

私は今回Zoffでブルーライトカットめがねを購入しました。

普段使いにもしたかったので度入りのメガネです。
トレンドに乗っかってクラシックなメタルフレームにしてみました♪

度なしの場合は極端な話、安いものだとダイソーなどでも手に入れることは出来ますが、今回は度入りのメガネを探していたのでメガネ屋さんで作りたかったんです。

Zoffを選んだ理由

最近は手頃な価格でメガネを作ることが出来ますよね。

JINS(ジンズ)、OWNDAYS(オンデーズ)、そしてZoff(ゾフ)などなど。

そして、どのメガネ屋さんでもブルーライトカットめがねを作ることが出来ます。

その中でZoffを選んだ1番の理由が

ブルーライトカットが追加料金0円だということ!

なんとZoffは2020年4月29日からブルーライトカットが標準装備になったんです!

これは嬉しいですよね!
大体どのメガネ屋さんでもブルーライトカットレンズというのはオプション料金がかかります。

JINSの場合は、JINS SCREENレンズといって、レンズ代が+5000円(税抜き)、OWNDAYSはPCレンズとして、+3000円(税抜き)と料金がかかります。

メーカーごとにそれぞれレンズにも特長があるので一概にどのメーカーが良いとは言えませんが、私の場合、オプション料金がかからない方がお財布的にもありがたいのでZoffに決めました!

ちなみに私はイオンモール内にあるZoffで購入したんですが、イオンモールのお客さま感謝デー(毎月20日&30日)に購入することで5%オフで購入出来たので更にお得感満載でした!←ちょっとでも得したい(^^)

Zoffのブルーライトカットめがね、選び方は2パターン

Zoffでブルーライトカットめがねは、2パターンから選ぶことが出来ます。

  1. 好きなフレームを選んでカスタマイズ
  2. スグに使える度なしのパッケージタイプ

好きなフレームを選んでカスタマイズ

今回私は度入り、フレームは好きなものを選びたかったのでカスタマイズして作りました。

他だとオプション料金がかかるところZoffは追加料金0円なので、その分フレーム代に充てられるのが良いですよね。

ちなみに度なしでも作れるので、好きなフレームがある場合はカスタマイズがおススメです。

ブルーライトカット率を選べる


ブルーライトカット率は、約33%約50%の2つから選ぶことが出来ます。

約33%カットのレンズは若干黄みがかっていますが、自然な色味なので普段使いにも使えます。
UVカット率は約99%です。
私はPCでの作業にはもちろん、車の運転など日常的に使いたかったので約33%カットのレンズを選びました。
透明度重視の方にオススメです。

visibility-from-blue-light-cut-glasses

これが約33%カットのレンズの色です。ほんのり黄色味がかって見えますよね。




続いて約50%カットのレンズですが、こちらは先ほどのレンズと比べて黄みが強く感じます。

スマホやPCを長時間使用する方にはこちらのタイプがオススメです。
UVカット率は約99.9%です。
クリアレンズで業界最高水準のカット率約50%というのは安心ですよね。

どちらもコーティングにより黄みがかってはいますが、実際に付けてみると極端に視界が暗くなるようなことはありません。

お気に入りのフレームに好きなカット率のレンズを選んで、あとはめがねケースを選べば出来上がりです。
私はファスナーが付いたソフトタイプのケースにしました。
メガネの形をしたチャームがさりげなくて可愛いのです!

glasses-case

ケースを開けた様子。クリーナーもポップで可愛い!

glasses-in-the-case



店舗はもちろん、オンラインストアでもカスタマイズでめがねを作ることが出来ます。

オンラインストアではWeb限定のセールもあるので度数が分かっている方や度なしで作りたいと考えている方ならオンラインストアで購入するのがオススメですよ(^^)/

オンラインストアではお手持ちのメガネを送ると、あなたの見え方に合った同じ度数のメガネを購入できる「ToZoffメガネ配送キット」というサービスもあります。
とても便利ですよね(^^)

オンラインストアのサイトトップはコチラ

※各種カラーレンズ、Zoff UVクリアレンズ、イエローライトカットレンズ、くもりどめコートとの併用はできません。
スーパーハード・コートとの併用は可能です。

度なしのパッケージタイプ、Zoff PC

パッケージタイプのZoff PCは、買ってすぐ使える度なしのブルーライトカットめがねです。

度なしなのでコンタクトの方や、度なしでブルーライトカットめがねが欲しい方にはピッタリだと思います。
トレンドのメタルフレームもラインナップされているのは嬉しいポイントです。

キッズサイズもあるのでお子様用にもおススメです。

パッケージタイプもWeb限定セールなどもあるので購入はオンラインストアがおすすめです。

サイトトップから購入することができます。

カット率は2種類

ブルーライトカット率は2種類あります。

約35%のレギュラータイプと、約50%のウルトラタイプ2種類です。
カスタマイズと比べると、少しカット率が違います。なぜ違いがあるのか、、、それはわかりません。。( ;∀;)

めがねと一緒にクリーニングクロス兼用ポーチがセットになっています。

ブルーライトカットの効果や使い心地は?

ブルーライトカットは意味がない!と言われることもありますが、私自身は実際使ってみて少なからず疲れが軽減されました。

目の疲れが軽減してきた!

ブルーライトカットめがねを掛け始めたからといって眼精疲労が全くなくなった!というわけではありませんが、確実に疲れは軽減してきました。

普段からPCの前で作業に没頭していると数時間後には目がしぱしぱしてきたり、まぶたがピクピク痙攣してきたりと目の疲れがハンパなかったんです。

ですが、ブルーライトカットめがねを掛け始めてからは数時間の作業後でも疲れにくくなりました。
一番は、まぶたの痙攣が減ったこと。

これは本当に大きいです!

PCでの作業はもちろん、大好きなアニメや海外ドラマ鑑賞にも手放せなくなりました(^^)

使い心地は?

正直、慣れるまで少し時間がかかりました。

というのも、他のメーカーのメガネはどうかわかりませんが、Zoffのブルーライトカットめがねを実際に使ってみるとレンズが反射する青色の反射光がちょっと眩しくなるんです。

reflected-blue-light

画像では少し分かりづらいですが反射しています。



ウェブサイトで調べてみると、ちゃんと書いてありました!

青色光を反射するコーティングが施されているため、 裏面の反射によりまぶしさを感じる場合がございます。

Zoff

慣れてしまえばどうってことないですが、少し気になるポイントですね。

おわりに

今回はZoffのブルーライトカットめがねについて紹介してきました。

まとめると

  • Zoffのブルーライトカットは追加料金0円で標準装備
  • カスタマイズと度なしのパッケージから選べる
  • ブルーライトカットめがねを掛けることで疲れにくくなった


最近はおうち時間も増えましたよね。

おのずとスマホやパソコン、動画視聴サービスの利用などの増加でブルーライトにより目を酷使するようになりました。

ブルーライトカットめがねを掛けることで目をブルーライトから守り、おうち時間をさらに充実することが出来ると思います。

また、現在Zoffでは10/12(月)~11/30(月)までの期間限定でメガネ下取りキャンペーンをしてるんです

下取り1本につき、税抜3,000円以上の新しいメガネ・サングラス・パッケージ商品1本の本体価格より500円値引きしてくれる嬉しいキャンペーンです。
ただし、オンラインストアは対象外です(T_T)

お得にブルーライトカットめがねを作ってみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Zoff

コメント

タイトルとURLをコピーしました