【検証済】電気代0円!エコな自然気化式加湿器で乾燥対策しよう

evaporative humidifier暮らし

突然ですが、自然気化式加湿器をご存じですか?


最近はテレビやSNSでも注目されている電気を使わないエコな加湿器です。


私自身、以前は加湿空気清浄機を使っていたんですが、カビ予防のための日々の手入れの面倒くささや、過剰な加湿による結露も相当なストレスで。。。←これ結構掃除の手間が増えるんですよ。。

加えて、バカにならない電気代もネックになり手放してしまいました。

しかし乾燥には敵いません!冬だけならまだしも春も結構乾燥するんですよね。。

個人的に寒いのが大嫌いなので、冬場は24時間暖房をフル稼働していることもあり、部屋や肌の乾燥はもちろん、寝起きは特にのどの乾燥がひどくなる一方でした。

あぁ、潤いが欲しい。。。


そんな時見つけたのが

『お値段以上、、、』でお馴染みのニトリの陶器型の自然気化式加湿器でした。

自然気化式加湿器ってどんなもの?


自然気化式加湿器とは、電気を使わず水を入れるだけで加湿が出来るエコな加湿器のことをいいます。

種類も陶器タイプペーパータイプの加湿器があります。

どちらも部屋のインテリアを映えさせてくれるようなおしゃれな雑貨タイプのものが多いと思いますね。



仕組みとしては水を吸い上げた加湿フィルターから自然に蒸発することによって部屋を加湿するというような仕組みになっています。

とてもシンプルですよね。

【いざ検証!】ニトリで購入した加湿器がコチラ


two-evaporative-humidifier-on-a-wooden-table


陶器型のポットとネコのタイプ。

初めは百均でも良いかなぁ~とも考えたんですが、部屋のインテリアとのバランスも考えてシンプルなものが良かったので今回はニトリに決めました。

値段もそれぞれ1200円ほどでした。値段もデザインもカワイイ!

evaporative-humidifier-on-a-table


質感は素焼きの陶器といった感じです。サラサラしています。 

一方の受け皿の方はツルツルしています。

芝生にたたずむネコ様といった感じでしょうか。

大きさも10cmほどなので場所も取らなそうです。

使い方もいたってシンプル

put-water-in-the-humidifier


ただただ水道水を穴から注ぐだけ。。(笑)

必要な水の量は箱の裏側にも使い方として書いてありますが

50~100mlとなっています。

これ入れすぎると受け皿に水が溢れてきます。。ここだけ注意です!

水を入れると陶器に水分が染み出してきますよ。

こんな感じ↓

evaporative-humidfier-with-a-box


色が変色している部分は水がじわじわ染み出して湿っています。

染み出した水分が気化することによって加湿する仕組みなんですね!

実際使ってみた使用感は?


使い始めて約半年ほど経ちますが、個人的には大満足です!!

ちなみに、夜寝る前に水を入れて加湿をして、朝に様子を見てみると水が空になっていました。

気化する際に蒸気などが見えるわけではないんですが、実際に入っていた水が空になっているのを確認出来るのは嬉しいですね。

我が家の場合、大体半日に一回のペースで水が無くなるのでその都度水を入れる感じです。

寝起き時のノドの乾燥も使用前より軽減しましたし、ネックだった窓の結露もしていませんでいた。

これはかなり大きいです!

また電源不要なので音も気になりません。というか音はしません!

手入れも基本的にはササっと水洗いで十分ですし、何といっても家電と違って陶器型なので、インテリアの一部としても違和感がないのがGOODです!

そして何より電気代がかからない!主婦としては大変助かります。

注意点も…


素材が陶器なので扱いには注意です!

お子さんがいるご家庭では、お子さんの手に触れないような位置に置いたほうが良いですね。

また加湿器本体の底と受け皿とのすき間にはどうしても水滴が付いてしまいます。

放置しておくとカビの発生にも繋がります。

なので、加湿器本体の底など水の入れ替えなどの際にはサッと拭いておくとカビ予防にもなって良いと思います。

おわりに


いかがだったでしょうか。

加湿器って本当に沢山種類があって値段もピンキリで、どのタイプを買うか悩みますよね。

今回実際に陶器型の加湿器を使ってみて値段も試しやすい価格ですし、個人的にメリットの方が多かったです。

加湿器としても十分役目を果たしてくれますけど、なんせカワイイので愛着まで湧いてきました(笑)

一度試してみてはいかがでしょうか。本当にオススメです!

ここまで読んでいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました